五月人形の桂甫作安藤人形店/鎧・兜・子供大将飾りなど100セットほどの五月人形を展示販売

五月人形の豆知識

ホーム » 五月人形の豆知識

五月人形の豆知識

端午の節句とは?

端午の節句は、菖蒲(しょうぶ)という音が通じるところから尚武の節供ともいい、武家にとってふさわしいものとされてきました。更には男の子の節供として盛んになり、武者人形・よろいかぶと・鯉織(外飾)とうが飾られ、ちまき・柏餅とうが昔も今も食されています。

端午のことばについて

五月五日の節目を端午とも菖蒲の節句ともいいますが、五の字が重なるので重五の節句ともよばれます。端午という言葉は五月の端(はじめ)の午(うま)の日の意味で江戸時代に五月五日と定まったとされており、現在に至っています。

飾兜・鎧飾りの原点と時代に応じた移り変わり

平安時代の華やかな行事としては朝廷では節会を催し、中務(なかつかさ)宮内に二省から菖蒲を献上し、また皇族や臣下に薬玉(やすだま)を賜り菖蒲を献する時には輿(こし)に盛りそれを菖蒲の輿と呼んだといわれており、昔から端午の節句の行事には武張(ぶば)った行事が多く見られました。

この節句を騎射節(うゆみのせつ)ともいい天皇が射場に出御あって近衛、近衛の騎射をご覧になったり公家の邸では平安時代の中頃に下級官人を集めて射技を催すことや子供たちが大勢集まって甲冑のような装いをして弓を射て遊んだり、男の子たちの小弓の勝負は近世まで続いたようです。

平安時代の末期の頃には印地(いんぢ)印地打ちとよび石合戦のことで大人が参加することもあり、初めは五月の節句に限られたことではなかったのですが、江戸時代には五月五日の端午の節句の行事になっていたようでもあります。

平安時代、鎌倉時代、室町時代と国内では全国各地で武将同士の争いが絶えなかった時代でもあり、またそれが戦いの合間に菖蒲を主体とした兜、すなわち菖蒲で造られた兜が1300年頃にあるいは桧の木を薄く削って兜のかたちをしたものが武家屋敷でも男子出産を祝って飾られたようであり、その後徳川時代15代慶善将軍までの約280年間の間に戦争もなく大陸文化の移入とうとう平和な時代に入ってわが国のすばらしい文化や芸術古人からの古事や遺跡を守りつつ急激に発展し、武者人形の登場ということで人形が男の子ま節句の飾りとしては江戸時代の初期からおこなわれ将軍家の端午の行事にも寛永十九年五月五日に江戸時代での端午の節句には諸大名より献上する菖蒲兜がたくさん飾られと残されており将軍家の端午飾りは2年後の1644年の端午の節句に江戸城に登場した林羅山(1583~1657年)がその見事さを次のように語っています。

端午の日、府に登り諸大名の献上したところの木甲(菖蒲兜)木長刀ほ縦覧す皆篆刻(てんこく)彩飾(さいしょく)もって華びを尽くせり冑217長刀60ばかりあり兜が徳川家綱将軍の節供を祝って200以上並んでいたというのですが、壮観だったと思われます。

その後、町衆にも移行して当初は外飾りが圧倒的に多く、1800年頃までは大型のものが多かったですが、江戸時代の後期になると甲冑飾りすなわち鎧飾りが飾られるようになり、これは戦国時代の武将の着用した模写が多いようですが、兜飾りと併行して安政二年頃から甲冑飾りができており現在も端午の節句の主流として大鎧飾が続いているということです。

いずれにしても男子(男児)の健やかな成長を願い、前述の通り鎧や兜や武者人形を飾って邪気を払ったり、菖蒲湯につかったり、ちまき柏餅を食して祝う平安時代の宮中あるいは庶民でも五月五日厄よけのために菖蒲を軒の瓦の下にさしたり、家の玄関先につるしたり競馬(くらべうま)や流鏑馬(やぶさめ)の観戦にいった後年菖蒲という字の読みが「尚武」に通じることから菖蒲でつくった兜を飾るなど武家の祝うところとなり江戸時代には外飾りで大衆に観覧してもらう飾りが徐々に内飾りへと男子出生の端午の節句として定着し、現在に至っています。

五月人形についてご質問がございましたら、以下までお気軽にご質問下さいませ。
電話番号 075-231-7466
 

安藤人形店の”五月人形 鎧”一覧についてはこちら

安藤人形店の”五月人形 兜”一覧についてはこちら

    
五月人形

鎧飾り

兜飾り

子供大将飾り

張子の虎

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

お知らせ

個人情報保護方針

リンク

安藤啓子作 読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫instagram
このページの先頭へ
Copyright (C) 2008 五月人形 鎧・兜 販売の桂甫作 安藤人形店/京都 All Rights Reserved.